石川亮 帝京


Sponsored Link




 

石川亮選手は帝京高校に所属する
関東エリアで注目する選手です。

 

石川亮 帝京

 



 
出身地:神奈川県
投打: 右/右
身長: 180cm
体重: 78kg
守備: 捕手

 

神奈川県川崎市出身の石川亮(いしかわ りょう)選手は
川崎橘中時代は武蔵府中シニアに所属し捕手としてプレーしていた。
シニア時代の実績として3年夏に全国大会で3位の好成績を収める。
その時、石川選手は主将としてチームをけん引した。

 

帝京高入学後は1年の夏からベンチ入りし
地区予選の全8試合をスタメン出場した。

 

その年の攻守で活躍した地区予選大会は
打率.429と打点7の好結果を残し チームの優勝に貢献。

 

前田三夫監督に「約四十年間率いてきた帝京で
初の1年生の正捕手だ」と言わせるほどの素材。

 

その類まれない野球センスで好捕手として注目されている。

 

以下の理由から、
コースに逆らわない打撃が魅力的な好打者
投手の長所を引気出す強気なリードとキャッチングの巧さ。

 

1年生で正捕手・関東を代表する捕手として
注目を集めていると感じられます。

 

1年時には、個人的に捕手としては
1番注目していた選手だ。

 
現在、高校野球界では捕手として
大阪桐蔭の森友哉に次ぐ捕手として期待している。

 

 

打撃にもう少し磨きをかけると
注目と評価がもっと上がりそうな気がします。



Sponsored Link


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player