高校野球 宮崎大会は2013年夏の組み合わせが決定


Sponsored Link




 

第95回全国高校野球選手権大会の
宮崎大会は組み合わせが決定!

 


 
宮崎県大会は、6月24日に抽選が行われ
49校が参加し組み合わせが決定しました。

 

 

宮崎大会概要

 

日程:7/6~7/20
抽選日:6/24
参加チーム数:49チーム
球場:サンマリン宮崎、アイビー
前回優勝:宮崎工

 

シード校

 

・日章学園
・宮崎工
・都城東
・宮崎日大
・延岡学園
・鵬翔
・高鍋
・日南学園

 

宮崎大会組み合わせ

 

宮崎 2013 組み合わせ

引用元:朝日新聞デジタル
引用元URL:http://www.asahi.com/koshien/95/miyazaki/

 

宮崎大会の見どころ

 

日章学園、宮崎日大、延岡学園に注目!

 

今大会は、県大会を秋春連続で制した、日章学園と
その日章学園に、秋春と連続で決勝戦で戦った宮崎日大の2強がリード。

 

2強を追う、他校がどこまで実力を発揮で切るかが見もの。

 

 

日章学園

投打の大黒柱!富安翼の活躍がチームの上位進出の鍵になりそう。
総合力では、他校を1歩リードか。

 

宮崎日大

左腕のエース、甲斐翼を中心に投打のバランスに優れている。
打線は、1番から9番まで切れ目がない。

 

延岡学園

打力に関しては、日章学園、宮崎日大に引けをとらない。
春季大会で2打席連続本塁打(ホームラン)を放った。
岩重章仁を中心に、好守好打の梶原翔斗がチームを牽引。

 

日南学園

寥乙忠、長浜祐弥、さらには2年生左腕の横川楓薫の投手陣が充実。
投手層が熱く、夏の大会では有利な試合運びが期待できる。

 

鵬翔

左腕の山崎大珠を中心に守る野球で接戦に強い。
伝統の強力打線も健在!

 

宮崎工

昨夏優勝校で、県内屈指の好打者野村直が鍵!
打線もつながりがよく、2年連続優勝を狙う。

 

都城東

エースの山下星也の投球術は、レベルが高く
春の大会では、チームをベスト4へ導いた。

 

高鍋

秋の大会で4橋入りを果たした古豪校!
エース小泉正太を中心にまもりを主体としたチーム。

 

 

過去10年 宮崎県代表 甲子園出場校

第94回 2012 宮崎工
第93回 2011 日南学園
第92回 2010 延岡学園
第91回 2009 都城商
第90回 2008 宮崎商
第89回 2007 日南学園
第88回 2006 延岡学園
第87回 2005 聖心ウルスラ
第86回 2004 佐土原
第85回 2003 日南学園



Sponsored Link


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Get Adobe Flash player